Echo Show 5の個体差

昨年、Amazon Echo Show 5 を初めて買って音を聞いた時、買って良かったと素直に感動した。
今年、同色のAmazon Echo Show 5 を追加購入して音を聞いた時、あれ?と感じた。

具体的には、今年購入したものは、高音のバランスが悪く、そのせいで低音の抜けも悪い。

そこで、電源を抜いて、TANITAのキッチン計量計で本体重量を比較した。

 2019年入手品(白):412g
 2020年入手品(白):425g

明らかに製造が違う重さだ。普通、スピーカーは重い方が音のバランスがとりやすいはずだが、このスピーカーは軽い方がバランスとれている。

初期不良と言えるレベルではないので、内蔵イコライザーで調整しつつ、使っているうちにバランスとれてくることを期待するしかない。そもそも、この機種にイコライザー機能があるのを知ったのも、この件があってのこと。まずは中域を少し下げて様子見することにした。

iPhone6s バッテリー交換

新年一本目のチャレンジとして、嫁さんのiPhone6sのバッテリー交換をすることになった。中華スマホの時よりもGoogle先生Youtube先生はたくさんいらっしゃって、ここで書くべきことはあまり無いが、それでもハマりどころはあったので、記録しておこう。

 

準備:
Amazonでバッテリーセットを購入。キット付きで2000円前後。大容量を謳うものが多いが、そこはあまり見ない方がいい。評価そのものより、評価母数が多いモノを選択した。

各種レビューや動画を見て、成功率は85%と分析。マイナス10%は初期不良や交換後効果無しのたぐい。マイナス5%はオペミスによる破損。

外すネジ数は8本。外すプレート数は2枚。今回はYoutube先生に従ってネジシートを作ったが、自分のスマホならそこまでしなかっただろう。

  

嫁さんからの条件:

  • 絶対に失敗するな!
  • 液晶保護シートは剥がすな!
  • 壊したら速攻でヨドバシへGo!

 

結果:
約40分で無事終了した。ただし、冷や汗ポイントは下記の3つ。

  1. 吸盤がつかない!
    これはある程度予想していた通りだった。ザラザラ液晶保護シートのせいで、パネルを持ち上げるための吸盤が吸い付かない。保護シート剥がしていいか嫁さんに聞いたら、えーーーー!と言われたので、ダメ元で100均の吸盤を付けたら、なんとこれが完全密着。なんでーーー?
  2. 両面テープ剥がしで失敗!
    両面テープをひっぱり出すシーンで、なんど、テープが途中で切れた!ピンセットを使ったのが失敗。手でやれば良かった。かなり焦ったが、リカバー方法もYoutube先生が丁寧にガイドしてくれていた。底面を少しあっためてバッテリーを持ち上げてテープを引っ張り出して、無事対応。
  3. 老眼でネジ戻せない!
    老眼きてるので、かなりつらかった。結局、このシーンは家族に助けてもらった。

 

かなりのプレッシャー下での作業だったが、電源Onで白アップルが見えた時は、
  オレって天才!
と叫んでいた。クビになったら、スマホ修理業も悪くないだろう。

 

なお、次にもう1回同じ作業するとしたら、パネルを分離せず直角固定して作業する。この場合、外すネジは4本、外すプレートは1枚までであり、作業は5分以内に終わるだろう。 


 1か月後、、、調子は良いみたい。前の電池が残っていたので記念撮影した。少し寄れているのは両面テープはがしで失敗して悪戦苦闘した痕跡。

f:id:t0a9n9a4k:20200311190132j:plain f:id:t0a9n9a4k:20200311190216j:plain

 

 

 

謹賀新年 令和2年

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。

恵まれた境遇に対する感謝の念を忘れず、目の前の課題と向き合いながら平穏無事に過ごしていけることを切に願います。

 --

個人的には、数年前とはライフスタイルが大きく変わっていることに気付きました。

~数年前

  • 座右の銘:摩擦は進歩の母なり。但し、よく暴走し天狗状態に。
  • ストレス発散法:とにかくアウトドア(スキー、トレッキング等)
  • 食事:とにかく牛肉

ここ数年

  • 座右の銘:バランス。但し、忘れがち。
  • ストレス発散法:インドア(ジムで汗を流す、IT機器をポチる)
  • 食事:納豆を中心にバランス。但し、要所だけは牛肉。

この変換の契機は、数年前に一度死にかけたことです。その時、病室という独房の中(実際には4人部屋)で悔い改めたはずですが、その効果も徐々に薄れ、気が付けば数年前の天狗状態に戻っていることがよくありました。但し、そうした場合に処置するミニ・ルーティーンも作ってはあるので、ひどい暴走は無かったと思います。入院中に覚えた太極拳八段錦も、平常心を取り戻すルーティーンにしています。

太極拳入門の本筋は二十四式/四十八式ですが、面替え要素が強くて十段目あたりで挫折し、忘却しました。エアロで鍛えた今ならもう少し行けると思うのですが、独習には限界があり、いつかお師匠様を見つけて習おうと思います。

--

また1年後、年末年始に平穏無事に1年を振り返れることを願います。

今年は家族がこういう年です。「置くとパス」

https://pbs.twimg.com/profile_images/1083559916722216961/alqy-N8V_400x400.jpg

スワップ領域をファイル化

ここに書かれた内容は、sudo apt install dphys-swapfile (導入)、sudo apt purge dphys-swapfile (除去)でも可能。以下は、マニュアルで設定する場合を示す。私はマニュアル派。


Ubuntuをインストールする時、スワップ領域を指定しなければ/swapfileが自動的に作成される様子だが、ここではマニュアルでの対応を整理する。スワップ領域をファイル化しても、SSD/MicroSD/eMMC等のNANDフラッシュメモリ系ストレージのウェアレベリング効果は上がらないというのが定説のようではある。しかし、ウェアレベリングの実装はデバイスマターであり、パーティションで物理的なスワップ領域に区切られるとウェアレベリングが偏る可能性は否定できない。ファイル化するメリットは、ext4ファイルシステム上で調整できる利便性と、TRIMコマンドによる何らかの効果を期待できる点にあるが、ケースバイケースであろう。なお、ラズパイ上でDarknetを実行する時、このスワップファイルを用意しておかないと、OOMキラーが発動するケースがある。

/swapfile 実体を作る。

sudo dd if=/dev/zero of=/swapfile bs=1M count=1024 ## 1GBの場合
sudo chmod 600 /swapfile
sudo mkswap /swapfile
sudo swapon /swapfile

/etc/fstab を編集する。

### SSDへのスワップの例
/swapfile swap swap sw,discard 0 0

適用

sudo mount -a



/etc/initramfs-tools/conf.d/resumeがある場合、initrdの⼀部を処置し更新しないと、OS起動が30秒遅くなる。
/etc/initramfs-tools/conf.d/resume:

RESUME=/swapfile

initrd更新:

update-initramfs -u -k all

参考情報:ここ

Darknet YOLOv3で組込ベンチマーク環境構築

既に情報は多く、今更感もあるが、Darknet YOLO v3 で組込ベンチマーク環境を構築する手順をメモする。

目的:
AI処理を使っての、組込CPUでのオフロード(CPU負荷外出し)効果を検証するための環境構築手順を確立する。

オフロード先候補(興味無い順):
 ・GPU
 ・Neon 演算コプロセッサ
 ・RTプロセッサ(Xilinx MPSoC RPU)
 ・FPGAプロセッサ(Microbrase, Nios)
 ・FPGA

まずは、私のホビーマシン(Core i7-4790 @3.60GHz / 16GB MEM / ubuntu 5.0.0-36-lowlatency)で検証する。あっさり5行、3分で終わってしまう。

git clone https://github.com/pjreddie/darknet
cd darknet
git checkout <hash値> ## 特定のコミットを使う場合
make
wget https://pjreddie.com/media/files/yolov3.weights  ## 80の物体を識別する重みファイル
./darknet detect cfg/yolov3.cfg yolov3.weights data/dog.jpg

備考:重みファイルはCOCO というフレームワークに基く80 thing classes の学習データと思われる。

結果:

Loading weights from yolov3.weights...Done!
data/dog.jpg: Predicted in 18.518765 seconds.
dog: 100%
truck: 92%
bicycle: 99%

f:id:t0a9n9a4k:20191104163729j:plain:w220:left
predictions.jpgが結果を示す画像。AI初心者向け資料では高確率で登場するワンちゃんのようです。名前は何かな?
犬・自転車・トラックを認識するまでの時間:
 18〜21秒 (dog: 100%)/ Darknet hash:61c9d02
 7〜9秒 (dog: 99%)/ Darknet hash:f6d8617
* Kernelのバージョンアップで数値が少し変わるケースがある。

考察:
sudo chrt -r 50 ./darknet detect ... (ラウンドロビンで優先度増)で実行すると、数値が悪化かつ不安定となるのは興味深い。AI処理が直線的なのか?今回使ったUbuntu StodioはLow Latency (CONFIG_PREEMPT)がデフォルトで、メディアのリアルタイム処理には向いているが、AIの推論処理とは相性が悪い可能性が高い。
また、Darknetのコミットによって結果が大きく変わる様子を見ると、これは、オフロード実装の工夫や調整を頑張った分だけ成果になる感じがする。つまり、純粋にオフロードのトレードオフ評価を行うのは困難であり、適用先・条件等を狭くを絞った上でトレードオフしないと、意味が無さそう。

感想:
やばい、やばすぎる。時代に乗り遅れた感MAX!! CPU負荷の動きを見ていると改善余地が有りそうにも見えたが、そのネタも既にMakefile冒頭に仕込まれていた。。。_| ̄|◯

フォロー:
ガートナーのハイプ・サイクルによれば、エッジAI、まだ黎明期を脱したばかり。AI処理のオフロード/HWアクセラレートは、今後、組込エンジニアのお仕事となっていくのは間違い無さそう。AIを深く知る必要は無いが、AI組込/最適化のテクニックは要チェック。YOLOv3デモ動画を見ていると、馬と牛とラクダを区別しろとか、carだけ認識させろとか、いろいろ面白そうな要求が出て来そうだが、組込エンジニアのお仕事の本質はそこではなさそう。

関連:
1) https://www.youtube.com/watch?v=cLWSvqKNTFY
2) https://www.youtube.com/watch?v=MPU2HistivI
3) Darknet: Open Source Neural Networks in C

ストリート・ピアノで聴きたい名曲

ストリート・ピアノが流行っているのでしょうか? 都庁など、名所がいくつかあるようなので、近くに寄ったら聴きに行こうと思います。もしリクエストできるなら・・・

  

1位:ショパン 幻想即興曲
お手本
 
月並みですが、ピアノではこれが一番です。

 

2位:リスト ラ・カンパネラ
お手本  お手本  川崎  パリ  パリ
 
ピアノで難易度MAX級のようですが、その割には聴きやすい名曲です。

 

3位:ショパン 英雄ポロネーズ
お手本  都庁  銀座  岡山  パリ  神戸
 
途中、スペースインベーダーからの侵略があることにお気付きでしょうか。そこをどう弾くか、その個性を聴き分けるのも楽しいです。

 

4位:ベートーベン 月光第3楽章
お手本  都庁  日比谷  ?!
 
ただただ、かっこいい。

 

・・・音楽の道は、親からの強力な押し付けに反発し、徹底的に反抗して止めた経緯があります。こんな楽しみ方もできたのかと思うと、今になって少しかなり後悔しています。

 

足底筋膜炎

足底筋膜炎は、文字通り足裏の筋肉の膜の炎症で、競技スポーツ選手にとっては深刻な問題となるが、一般人は中高年期に発症するようである。20代の頃の私は、マラソンサブスリーを目指して硬いアスファルトの上を駆け回り、コンクリートのテニスコートで朝から晩までテニスをしていた。その頃は何ともなかったが、今はもう、分厚い靴底/ソフトインソール/屋内スタジオでも駄目らしい。

9月中旬から、右足土踏まずのあたりが痛みはじめた。体が温まっている間は気にならないので、できれば今のペースのまま対処していきたいが、腰痛や四十肩/五十肩と同レベルで情報が錯乱していて、自分に合った治療・リハビリ方法を見つけるのはかなり難しそうだ。

----

令和2年1月1日追記:
足底筋膜炎は、まだ完治していない。ただ、この症状のおかげで、エアロ・ダンスではこれまで以上に軸と流れを丁寧に意識するようになった。他のシーンでも、仕事、人間関係、技術、教育、健康、車の運転・・・ 全ての分野において、軸とバランスを意識する機会が増えた。私の令和時代のテーマは、『軸を意識し、バランスをとりながら、流れに乗る/乗せる』というところにありそうだ。それに合わせて『少しばかりの勇気を持って一歩前に出る』で行こうと思う。
そういえば、男子トイレには『一歩前へ』とよく書いてある。