夏が来る前の体調管理

毎年、春と夏の境い目で、痛い目にあう。背中・首・腰のどこかを痛めることが多い。気温が高くても湿度が低いうちは、まだ体は春モード。湿度が上がりモワっとした空気に包まれる6月中旬〜下旬が要注意。対策はいたって簡単なことだが、これが、毎年、できていない。私にとって重要な順序で記述すると、

  • 早寝。
  • 日頃の姿勢。
  • 食事のバランス。
  • 適度な運動とストレッチ。

これだけで、無難に乗り切れるはず。今年こそ、無難に夏モードの体にモードチェンジしたい。




【結果】
「ヨガ友」からピックアップしたストレッチが功を奏し、背中・首は問題無く、腰はぎりぎりセーフで乗り切った。しかし、、、
6月中旬〜 倦怠感がつきまとうようになる。毎日が月曜日という感じ。
6月下旬〜 頭頂部にイボが育ち始める。原因不明の高周波の耳鳴り(右)が突然始まる。耳鼻科では異常無し。
7月上旬〜 頭頂部のイボは直径5mmの楕円に膨れ上がる。耳鳴り(右)は依然として解消せず。酸性体質を疑い、飲料水をアルカリイオン水(メーカ品と地方取寄品)に変更。
7月中旬〜 アルカリイオン水の効果が徐々に出たか?それとも梅雨明けが近くて気圧が上がったせいか?倦怠感が解消の方向。3週間続いた耳鳴りが止む。頭頂部イボが硬直し始める。
7月下旬〜 倦怠感は解消。頭頂部イボは縮小。8月中旬時点で、イボはほぼ消滅。

うーん、、、いったい何が悪くて、何が良かったのだろうか。単に頭頂部の虫さされだったのか。。。