夏が来る前の体調管理

毎年、春と夏の境い目で、痛い目にあう。背中・首・腰のどこかを痛めることが多い。気温が高くても湿度が低いうちは、まだ体は春モード。湿度が上がりモワっとした空気に包まれる6月中旬〜下旬が要注意。対策はいたって簡単なことだが、これが、毎年、できていない。私にとって重要な順序で記述すると、

  • 早寝。
  • 日頃の姿勢。
  • 食事のバランス。
  • 適度な運動とストレッチ。

これだけで、無難に乗り切れるはず。今年こそ、無難に夏モードの体にモードチェンジしたい。