エアロ中級の壁:一発キャッチ

エアロ/ダンスのスタジオプログラムに参加するときは、軸を上、脱力、顔面垂直キープ等、その日のコンディションに合わせて2〜4テーマを持って臨むが、エアロ中上級クラスでは、そんなことは頭からきれいにブッ飛ぶ。動きの中で振りやタイミングを考えている余裕は全く無い。なので、振りをフィーリングで一発キャッチするセンスが欲しい!ダンス経験の無い私が今の年齢でどこまで行けるか、まぁ、楽しみながらマイペースでチャレンジしよう。

自己流 一発キャッチへの試み

  • 軸からのムーブメントを意識する。
    体に染み込んだと思い込んでいた振りは、実は、背景と紐付いていた。面取りに備え、背景無しで動けるようにしておく。無理なら、面取り時に背景を頭の中で回す。
  • 要所は、「Uuu」「Huu」「チャチャチャ」等の意識でマークする。
    後ろを向いた時にマークを外さないように気合を入れて。
  • 右軸足からは右ターン、左軸足からは左ターンしか無いと割り切る。
    例外は例外として意識。例外の例:バレエのピルエット凡例, BodyJam86最初の左ターン
  • 小キックは、キックしなければ普通の1ステップカウント 。
    キックはポイントにしやすいので、通しカウントと左右を確実に覚える。
  • ステップ用語には、耳だけで体が反応できるように。
    特に、ローインパクト系のタイミングとリズム感が重要。
  • 意識事項はボディタッチレベルのミニ・ルーティンにしておく。
    キャッチに余力が出たらルーティン発動。意識事項を思い出す。
  • ダメなときは、あきらめて脱力モードで流れに乗る
    これでうまくいく時もある。(9/M追記:最後にたどり着くべき所はたぶんここ)

GW10連休の充電パワーを使い果たしたようで、残念無念ですが、このビッグチャレンジは一旦クローズします。

テンポの良いコリオを360度キャッチできたときの爽快感はスキー中上級斜面10本分超に相当、気付き事項も多々あり、実りのあるチャレンジとなりました。また良い充電ができたら再チャレンジします。とても丁寧に指導していただいたIRの先生、および、私の周りでリードしていただいた方々に、深く御礼申し上げます。