最近の日本のSF小説

最近は日本のSF小説をよく読んでいる。理由は、何かしら現状の課題やとりくみに、恐ろしいほどタイムリーに、リアリティに、ヒットしていくから。。。

 

天冥の標

今、Ⅱを読み進めているが、去年だったらここで挫折していた。これは、AKIRAに続くタイムリーヒットかもしれない。ここでの感染予防医学の解説はとても分かりやすい。今この本を手にした自分も怖いが、冷めた見方をすればSFでは定番の展開だ。SF小説にしては毒っ気が強めだが、まぁ、いいだろう・・・と当初は思ったが、巻が進むほど想定外の毒っ気で、学生にはおすすめできない。これは、歴史小説なのに夏休み推薦図書になれない北方氏の水滸伝を彷彿させるどぎつさだ。

 

オービタル・クラウド 書評リンク

ラズパイ・アラカルトでも紹介したが、衛星・サイバー・IoTの勉強になる。但し、もうそろそろ賞味期限だ。

 

ジェノサイド 書評リンク

世界の暗部で起きている(ウイルスではない)課題のひとつを疑似体験しながら、現代技術にも触れられるSF推理小説。「終戦のローレライ」に近いが、ひと味違う、何か強烈な印象を残した。但し、この小説も、そろそろ賞味期限かもしれない。

 

新世界より 書評リンク

風の谷のナウシカ」に超能力のエッセンスを加えた印象。一気に読み終えたが・・・・何か残ったかと言えば、現時点では何も無く、もう1回読む気もしないが、アニメ化されていて動画サイトで見れるので、少しのぞいてみようかとは思う。

 

山彦

Kindleオーナーライブラリー(月1冊無料)で読んだ、若干ホラーな山岳SF小説。ホラー度合いは私の許容範囲ぎりぎりであり、途中リタイアしそうになったが、山の風景描写がとても丁寧で美しいので、読み続けられた。山に登る人なら印象に残る小説になると思う。

 

半沢直樹

私から見れば半沢直樹は宇宙人だが、会社をなめて入った私達バブル世代に共通の何かがあるように感じる。ドラマでは原作と違う設定と迫力があり、面白いし、泣ける。盆明けは前向きに仕事に取り組めそうだ。但し、真似したら絶対に体が持たない! やられたら受け流す、マイペースで恩返しだ。