踊る3Dデスクトップ on VirtualBox with screenlets and cairo-dock

Compiz FusionデスクトップがVirtualBoxの仮想グラボで10分足らずでできてしまうとは、、、昔はこれをやるために、高めのNVIDIA製グラボを買い、いろいろソースを集めてビルドした。そして、鉛筆回しのフィーリングでキューブを回したり、時には火を灯したり、雨を降らしてワイパーしたりして気晴らししたものだ。

VirtualBox仮想グラボ上の3Dデスクトップはとても安定しており、かつスムーズだ。ただし、どこまでやるかにもよるとは思う。

実は、VirtualBoxでのデモ動画(著作権フリーミュージック付き)を作ってはみたものの、残念ながら、ここには画像しかアップできないことが判明した _| ̄|○ 仕方ないので、作成したデモ動画の一部を画像でアップする。

f:id:t0a9n9a4k:20190421211953p:plain

Compizの準備:
・ホストPCのスペックはCore i7/メモリ16GB以上であること。その上で、ゲストOSの仮想マシンにはCPU 4コア/メモリ8GB/ビデオメモリー128MBを割り当てれば、安定動作する。
・ホストOSはWindowsでもLinuxでもOKだが、SSD環境の方が快適に動く。
・ホストには、VirtualBoxの最新版をインストールすること。
・ゲストOSはUbuntu MATE(マテ茶)がやりやすいが、他のLinuxでも可能ではある。
・ゲストOSには「Guest Additions CD」をインストール済みであること。

・MATE Tweak => ウィンドウ => ウィンドウマネージャー => 「Compiz ・・・」を選択
・MATEの「ようこそ」画面でひっかかるケースがあるので右下のチェックを外し削除すること。
(また見たければ、メニュー=>システム管理=>「ようこそ」)

インストール:
apt install compizconfig-settings-manager
更に凝りたい人は、compiz-addon、cairo-dockを入れると良いと思う。

何か問題が起きてCompizを止めたいときは、
MATE Tweak => ウィンドウ => ウィンドウマネージャー => 「Compiz」以外を選択

参考:
有志の方が作成された3Dデスクトップのデモ例(VirtualBox上ではない)をいくつかリンクしておく。このデモ動画意外にも、いろいろと面白いことができる。
ubuntu mate 18.04 with compiz and cairo-dock - YouTube
ubuntu 3D Desktop (Cube) (KDE & Compiz Fusion & CairoDock) fullHD 1080p - YouTube